高額契約となるエステやクリニックで行われる脱毛。契約時には想定していなくとも、時には解除せざるをえない場合があるかと思います。

基本的に脱毛契約を解除することは、一定の条件に合っていれば可能です。そこで、これから《クーリングオフ》と《中途解約》の2点についてご説明します。

クーリングオフについて

高額契約となるエステの場合、

  • 契約から8日以内である
  • 契約期間が1ヶ月以上である
  • 契約金額が5万円以上である

という条件の場合、クーリングオフが適用となります。

しかし、特に気をつけておきたいのがクリニックで行われるレーザー脱毛!

この場合、医療行為であるという観点からクーリングオフは適用されません。

 

解約手数料について

私たち契約をした側の自己都合によって解約する場合、以下の条件であったことが大切になります。

  • 契約期間が一ヶ月以上である
  • 金額が5万円以上である

この2点が当てはまることで、解約手数料(=違約金)を支払えば解除が可能です。

法律で定められた解約手数料の上限である二万円または、

《契約時に支払った総額》-《これまでに受けた脱毛施術の料金》の残金から10%

このどちらか安い金額が、支払う解約手数料となります。

 

他のサロンやクリニックに変更するなら

今まで通っていたサロンやクリニックから別のところに通い直す予定なら、ぜひ、乗り換え割のあるところを探してみましょう。

最近は多くのところで取り入れられてきた“乗り換え割”。

支払った解約手数料の負担を減らすのは勿論、更にお得になる割引内容を盛り込んだサロンもいうのも中にはあります。

もし、乗り換えるのであれば、契約書や会員カードなどは捨てないように気をつけましょう。